食品メーカーがつくる国産アロマオイル

八女飛形蒸留所の母体は大一食品工業という食品メーカーです。たけのこ生産日本一の福岡県八女市にて、水煮たけのこの製造をして100年余りになります。収穫したばかりの国産たけのこを新鮮なうちに加工するため、「大一食品工業の水煮たけのこには、たけのこ特有のえぐみがない」とお客様からご好評をいただいています。「幸せ国産アロマオイル」と同じく、水煮たけのこにも天然の伏流水を使い、添加物等は一切使っておりません。
大一食品工業も八女飛形蒸留所も、自然の恵みを生かした商品つくりを心がけています。
食品メーカーとしてアロマオイルを製造する。その一番のメリットは、製造現場における高い衛生基準にあります。食品メーカーである大一食品工業にはHACCP(ハサップ)という衛生管理の手法が義務付けられており、私たちはこのHACCP(ハサップ)の手法を八女飛形蒸留所にも積極的に取り入れています。
アロマオイルをつくる八女飛形蒸留所にHACCP(ハサップ)の義務はありません。しかし、「幸せ国産アロマオイル」の原料となるのは国産の柑橘類。フレッシュな柑橘類の仕入れからその管理の仕方など、HACCP(ハサップ)の衛生管理は、「幸せ国産アロマオイル」の製造においてもとても役に立つのです。
食品並みの衛生基準で作られるアロマオイル。それが八女飛形蒸留所の「幸せ国産アロマオイル」です。
アロマオイルは食品ではありませんが、成分を体内に取り込む点では食品と同じです。そのため私たちは国産の原料や天然の伏流水にこだわり、添加物を一切加えないアロマオイルを作っています。
八女飛形蒸留所の「幸せ国産アロマオイル」には、安全であることの確固たる裏付けがあるのです。