クロモジ香る冬星エッセンシャルオイル

日本の国産素材・クロモジとは

クロモジはクスノキ科の落葉低木で、日本原産の植物です。主に九州北部や中国・四国地方に自生しており、昔からその香りの良さで知られています。葉や枝から芳香を放つクロモジは、植栽にも人気の樹木です。
またクロモジは、高級爪楊枝の素材としても使われています。持ち手のところに黒い樹皮を残した爪楊枝は、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。お茶会などで供される和菓子には、このクロモジの高級爪楊枝を添えることが多いようです。
日本で昔から親しまれてきた香りの良い国産素材、それがクロモジです。

アロマオイルで大注目のクロモジ

この国産素材のクロモジが今、アロマオイルの原料として注目を集めています。その理由は、ローズウッドと香りが似ているから。芳しい香りで女性に人気のローズウッド。しかし、現在ローズウッドは原産地であるブラジルで伐採規制がかけられており、ローズウッドのエッセンシャルオイルは入手困難です。
そこで、ローズウッドに匹敵するアロマオイルの原料として、日本の国産素材・クロモジが注目されています。スッキリとしたウッディな香りの中に、ふんわりと漂う甘いフローラルな香り。クロモジはローズウッドと同じクスノキ科の植物で、主成分は双方ともにリナロール。リナロールは、バラのゲラニオールと人気を二分する香りの成分で、クロモジの成分の50%をこのリナロールが占めています。

クロモジが香る冬星エッセンシャルオイル

国産素材にこだわる八女飛形蒸留所でも、以前からクロモジに注目してきました。そうして作りあげたのが、この通販サイトでもご紹介している「冬星エッセンシャルオイル」です。冬星エッセンシャルオイルは、冬の夜空にきらめく星のように、スッキリと気分をリフレッシュさせる香りが特長的。
クロモジだけでなく、同じく国産素材のユズやビワも用いて、香りにフルーツの甘みと酸味をプラスしています。クロモジは他の素材との相性も良く、ユズやビワにクロモジを加えることで、角のとれたまろやかな香りに仕上がっています。
今、大注目のクロモジが香る「冬星エッセンシャルオイル」、気分を落ち着けたい時などにおすすめです。